• トップ /
  • 家探しアプリの使用時の注意点

アプリで家探しの注意点

家探しアプリの使用時の注意点

家探しは目で確認することも大事

賃貸住宅に限らず中古マンションなど購入に際して家探しのアプリを使うことは時間の短縮になります。家探しを街の不動産屋さんに依頼するとなると、予約を取るところから始まります。予約を取った後も出かけるためには時間も交通費も掛かります。不動産屋さんとの約束の日に急用や天気が悪いなどするとテンションも下がってしまいます。その点家探しのアプリは時間に余裕のあるときに自分のペースで探せますので取っても便利です。アプリの種類にもよりますが検索条件を細かく指定できますので狙いをつけて検索することが出来ます。こんな便利な家探しアプリにもいくつかの注意点があります。アプリで住宅の間取りや方角は分かりますが、隣接する建物や付近の建物の状態までは細かくわからないことがあります。住宅の条件には色々ありますが日当たりは特に重要です。間取りや窓の方角はわかっても日照時間までは現地に行かないとわからないことがあります。日照に影響が出ますので南向きでも目の前に高いビルは大きな注意点です。その他の注意点は高低差までは分からないことです。駅から近くても急な坂道をいくつか通る必要があることもあります。気に入った家があったら実際に行ってみることが重要です。

↑PAGE TOP